Flashファイルの再生には、Flash Playerが必要です。

福島県立医科大学医学部泌尿器科学講座では、小児から高齢者まで男女を問わず様々な泌尿器疾患で悩まれている方へ、最新かつ安全・安心な医療をご提供できるようにスタッフ一同診療に励んでおります。特に、前立腺がん、腎臓がん、膀胱がんをはじめとする尿路生殖器悪性腫瘍、前立腺肥大症や過活動膀胱・尿失禁などの下部尿路機能障害、副腎腫瘍、腎移植、小児泌尿器科疾患の診療に力をいれております。また低侵襲手術(患者さんに優しい手術)として、腹腔鏡手術やロボット支援下手術に積極的に取り組んでいます。特に最新型の手術支援ロボット・ダ・ヴィンチSiは東日本で初めて導入され、前立腺癌に対するロボット支援下手術は1週間に4-5件行っております。腎移植については、1999年に全国で第3番目の脳死からの移植に成功し、現在、生体腎移植や心停止後の献腎移植に積極的に取り組んでいます。
前立腺肥大症や過活動膀胱に関する研究は、伝統的に世界でも注目され、特に過活動膀胱の新薬開発に関わる研究を行い、現在世界中の多くの患者さんの治療に貢献しています。
また、当講座は学生・研修医教育に特に力を注ぎ、学生や研修医向けの講習会やブタを用いた腹腔鏡手術トレーニング、ロボット支援下手術の実習を定期的に行っております。

新着情報

 

セミナー・行事 開催情報

ページの先頭へ